アクセルファクターと個人事業主

「個人事業主だけど、ファクタリングで資金調達したい」とお考えですか?

もしもあなたが、法人相手の売掛債権をもっているなら、ファクタリング会社は「アクセルファクター」がオススメです!

アクセルファクターは個人事業主相手のファクタリング実績が豊富で、債権譲渡登記も必須ではありません。

数十万円の小口売掛債権であっても積極的に買い取りをしてくれますし、審査も柔軟に対応しているため、審査通過率も90%以上と高くなっています。

(ただし、取引先が個人事業主の売掛金は買い取り不可)

まずは、アクセルファクター公式サイトのお問い合わせフォームから、申し込みをしましょう。

  • 希望調達額
  • 屋号名
  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

を入力して送信すればOK!

平日9:30〜19:00の営業時間内であれば、アクセルファクターのスタッフから折り返しの電話が入ります。

\ 無料で見積もり!公式サイトはこちら /

この記事では、アクセルファクターで個人事業主が審査に通過し、資金調達に成功するための方法を詳しく解説しています!

目次

アクセルファクターは、個人事業主のファクタリング実績も豊富

ファクタリング会社にとって、個人事業主は色々な意味でリスクの高めな顧客といえます。

公式サイトには「個人事業主OK」と書かれていても、かなり限定的な扱いであったり、実際には問い合わせても門前払いを受けてしまうファクタリング会社も多いです。

しかし、アクセルファクターはホームページにも「個人事業主である」というだけで断ることはないと書かれていますし、個人事業主のファクタリング実績も豊富!

個人事業主であれば、ぜひ検討したいファクタリング会社のひとつです。

アクセルファクターが個人事業主にオススメな理由

ただでさえ、個人事業主のファクタリング利用は難しいもの。

少しでも、個人事業主が利用できる可能性の高いファクタリング会社を選びたいですよね!

ここからは、アクセルファクターが個人事業主のファクタリングにオススメな理由をお伝えします。

小口の売掛債権も積極的に買い取り

個人事業主のファクタリング利用で多いのが「売掛債権の金額が低すぎて断られる」というもの。

アクセルファクターでは、なんと売掛債権の下限は設けられていません!30万〜50万の小口利用であっても、買い取りに応じてくれます。

また、上は1億円まで買い取り可能となっており、金額を気にせず利用する事ができます。

審査通過率が90%以上

個人事業主は審査落ちの確率も高いので、少しでも審査通過率の高いファクタリング会社へ申し込みたいですよね。

アクセルファクターは顧客に合わせて柔軟な審査を行っているため、審査通過率が90%以上と高いんです!

審査が不安な個人事業主も、申し込みやすいですよね。

審査に通過するコツは、こちらの記事でも詳しく解説しています。

>>審査に通過するコツをまとめた記事はこちら

関連記事
アクセルファクターの審査
アクセルファクターの審査通過率は9割以上!個人事業主が審査に通る4つのコツ

「ファクタリングで資金調達したい!でも審査に通るか心配」 アクセルファクターは、そんな個人事業主にもオススメなファクタリング会社です。 審査通過率が高く、個人事業主の買取実績も豊富なので、条件次第で審 ...

続きを見る

最短即日入金!緊急の資金調達も頼れる

アクセルファクターは取引スピードの速さに力を入れているファクタリング会社で、申し込みの半数以上が即日対応となっています。

急にまとまったお金が必要になった時にも、頼れるファクタリング会社です!

>>即日資金調達のコツをまとめた記事はこちら

関連記事
個人事業主の資金調達
個人事業主がファクタリングで即日資金化するための4つのコツとオススメの会社

緊急で資金調達が必要になった場合に便利なファクタリング。 しかし、個人事業主でも利用できるファクタリング会社は限られている上、審査に時間がかかったりと即日対応が難しい事も多いですよね。 個人事業主がフ ...

続きを見る

債権譲渡登記が必須ではない。柔軟に対応してくれる

個人事業主は債権譲渡登記ができないため、登記を必須としているファクタリング会社では「個人事業主の2社間ファクタリング」は断られる可能性もあります。

アクセルファクターでは、債権譲渡登記は必須ではなく、柔軟に対応してくれます。

また、個人事業主の場合、どうしても必要書類が揃えられない場合もあるかもしれません。

(例えば、メインバンクをネット銀行にしていて通帳が用意できないとか、メールやWEBのやりとりだけで書面を交わしていないとか)

アクセルファクターでは、代替え書類を提案するなど柔軟な対応を行ってくれるため、不安な場合も取り敢えず相談してみるといいですよ。

アクセルファクターで個人事業主が審査を通過する7つのコツ

アクセルファクターのメリットをご説明しましたが、それでもやはり、個人事業主のファクタリングは審査落ちしやすいもの。

ここからは、アクセルファクターで個人事業主が審査を通過するための7つのコツをお伝えします。

大口の売掛債権を売却する

100万円以上の大口の売掛債権を用意できる場合、個人事業主であっても事業規模が大きい=実質法人に近いということで、審査に通りやすい傾向にあるそうです。

信用力のある取引先の売掛債権を売却する

アクセルファクターの審査では、売掛先の信用力が重視されます。

信用力の高い取引先の売掛債権を用意できると、個人事業主であっても貸倒しのリスクが低いという事で、審査に通りやすくなります。

信用力の高い売掛先とは以下のようなものです。

  • 政府・官公庁
  • 上場企業
  • 有名企業・大手企業
  • 官公庁と取引のある企業
  • 金融機関と取引のある企業

また、同じ売掛先であっても、支払い期日が短い売掛債権ほど審査では有利になります。

継続的に取引のある取引先の売掛債権を売却する

実際には、個人事業主は100万円を超える売掛債権や信用力のある売掛債権を用意するのが難しい場合が多いのではないでしょうか。

そういった場合は、継続的に取引のある取引先の売掛債権を売却しましょう。

長年、事故もなく売掛金が支払われていることを証明できれば、アクセルファクターから信頼を得ることができるかもしれません。

基本契約書など、継続的な取引を証明できる書類を用意できる場合は、請求書と一緒に提出させてもらいましょう。

青色申告をしている

法人と違って、個人事業主は本当に事業を営んでいるのか実態が分かりにくいです。

きちんと複式簿記をつけて青色申告で確定申告をしていれば、確定申告書や決算書を提出することで、事業を営んでいることを証明できます。

事業のホームページをもっている

ホームページを持ち、事業主情報や事業内容を第三者に公開していると、信頼度が上がります。

事業用とプライベート用の口座を分けている

個人事業主は、事業資金とプライベート資金の境界があいまいです。

調達した資金が本当に事業に使われるのか、ファクタリング会社は確認することができません。

事業用口座とプライベート口座をきっちり分けているだけでも、受ける印象は変わります。

追加書類の要求に積極的に応じる

個人事業主は信頼度が低いため、法人に比べて追加書類が多くなりがちです。

基本の必要書類に加えて、追加の成因資料、担当者とのメールのキャプチャー、諸経費の支払い明細書、納税証明書などを求められる場合もあるかもしれません。

審査をスムーズに進めてもらうためにも、求められたものは可能な限り応じるようにしましょう。

調達した資金使途を明確に説明する

個人事業主の場合、事業資金と偽ってプライベートで使い込まれるといったリスクもあります。

調達した資金使途を、明確に説明できるようにしておきましょう。

すでに仕事を請けていて外注費に当てたいとか、すでに資材を購入していて支払いに当てたいとか、資金使途を証明できる書類もあればなおいいでしょう。

時間に余裕を持って申し込む

アクセルファクターでは即日振込がモットーとなっていますが、個人事業主は追加資料も多くなりがちで、審査が長引くことも多いです。

時間には余裕を持って申し込むことをオススメします。

相見積もりを取っておく

ファクタリングで資金調達したいなら、1社に絞らず3社程度を選定して相見積もりを取ることをオススメします。

公式サイトの情報だけでは、具体的な手数料や調達可能金額は分かりません。

相見積もりを取ることで、審査落ちした場合のリスク回避にもなりますし、手数料が安い会社や調達可能金額の多い会社など、いい条件でファクタリングを行う事ができますよ!

>>ファクタリング会社に相見積もりを取るポイントをまとめた記事はこちら

関連記事
ファクタリングで相見積もり
ファクタリング会社に相見積もりを取るコツ。何社がオススメ?見るポイントは?

ファクタリングで資金調達を考えているなら、複数社に相見積もりを取るのがオススメです。 手間はかかりますがメリットも多く、好条件で売掛金を買い取ってもらう事ができます。 急いで資金調達する必要がある 手 ...

続きを見る

アクセルファクターの手数料は?個人事業主は高め?

アクセルファクターの手数料は2%〜20%程度となっており、売掛先を含めず利用者とアクセルファクターのみで契約を結ぶ場合(二社間契約)では3〜15%程度に設定される事が多いようです。

(一般的な二社間契約の手数料は15〜20%です。)

ちなみに、アクセルファクターの公式サイトでは利用金額に対する手数料の目安が公開されていました。

売掛金 手数料の目安
~100万円 10%~
101~500万円 5%~
501~1000万円 2%~
1001万円以上 別途ご相談ください。

引用:アクセルファクター公式サイトより

上記の目安をもとに、売掛先の信用力やエビデンス資料など様々な条件が考慮されて、最終的な手数料が決められます。

とくに個人事業主は法人に比べて信頼性が低いため、実際の手数料は高めに設定されるかもしれません。

アクセルファクターで個人事業主が資金調達するまでの手順

ここからは、アクセルファクターで個人事業主が資金調達するまでの手順を詳しく解説します。

WEBのお問い合わせフォームから送信

まずは、アクセルファクター公式サイトのお問い合わせフォームから、申し込みをしましょう。

  • 希望調達額
  • 屋号名
  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

を入力して送信すればOKです。

簡単なヒアリング

平日9:30〜19:00の営業時間内であれば、最短数分でアクセルファクターのスタッフから折り返しの電話が入り、そのままヒアリングとなります。

ヒアリングでは、希望する金額や入金日、資金使途、事業内容や売掛先の情報などを聞かれることが多いようです。

また、法人と比べて個人事業主は社会的信頼も低いので、ファクタリングの利用状況・借り入れの状況・税金の支払い状況なども、もしかしたら聞かれるかもしれません。

状況によっては答えにくい質問もあるかもしれませんが、正直に誠実に答えるようにしましょう。

審査に必要な書類を提出

ヒアリングの際、審査に必要な書類の案内があるので、速やかに指定された書類をメール・LINE・FAXなどで送ります。基本の必要書類は以下の通りです。

  • 顔つきの身分証明書
  • 請求書
  • 3ヶ月分の通帳
  • お申込み用紙

ただし、個人事業主の場合は、エビデンス確認のために追加書類が必要になることが多いようです。

審査通過のためにも、求められたものは可能な限り提出するようにしましょう。

アクセルファクターは柔軟な対応にも定評があります。用意できない書類は、代替えの資料でもいいか聞いてみましょう。

審査の後、買い取り金額&手数料の提示

アクセルファクターの審査は最短1時間程度となっていますが、個人事業主は追加書類も多めになりがちで、長引く可能性が高いです。

無事、審査に通過すると口頭で買取金額と手数料の見積もりが提示されます。金額に納得できれば、めでたく契約となります。

契約書類を用意し、契約締結

アクセルファクターでは、4種類の契約方法があります。申込から契約までの目安は以下の通りです。

  • 来店契約(申込当日〜2営業日)
  • 出張契約(申込当日〜3営業日)
  • 郵送契約(3営業日〜4営業日)
  • WEB契約

アクセルファクターでは対面契約(来社契約・出張契約)が推奨となっていますが、どうしても来社できない場合は郵送やWEBでの契約も可能なので相談してみましょう。

(アクセルファクターの本社は東京都新宿にあります)

また、契約の際には審査とはまた別に、契約書類を準備する必要があります。契約に必要な書類は以下の通りです。

  • 代表者の印鑑証明
  • 代表者の住民票
  • 法人登記簿謄本(履歴全部事項証明書)
  • 法人の印鑑証明
  • 決算内容確認書(確定申告2〜3期分)
  • 実印

開業後まもなく確定申告書を用意できない場合は、試算表で代用できる場合もあるので相談してみましょう。

以上はあくまで基本の必要書類なので、個人事業主はさらに追加書類を要求される可能性もあります。

対面の場合、面談を含めて契約には45分程度かかります。

買い取り金額の振込

無事、契約が完了すると、15分〜1時間ほどで買取金額から手数料を引いた金額が振り込まれます。

これで、売掛金を資金化することができました!

売掛金が入ったらアクセルファクターに一括振込

後日、売掛金が入ったら、アクセルファクターに一括で振り込みます。

どのファクタリング会社でも同じですが、分割振込はできないので注意しましょう。

これで、ファクタリングの一連の流れは完了となります。

個人事業主が相手の売掛債権は買い取り不可なので注意

アクセルファクターでは、利用者が個人事業主の場合はOKなのですが、取引先が個人事業主の売掛金は買い取り不可となっているので注意しましょう。

アクセルファクターの審査や契約に必要な書類

アクセルファクターはスピード資金調達に力を入れている会社で、スムーズな手続きのために書類の提出が2回(審査時と契約時)に分かれています。

審査に必要な書類は以下の通りです。

  • 顔つきの身分証明書
  • 請求書
  • 3ヶ月分の通帳
  • お申込み用紙

契約に必要な書類は以下の通り。

  • 代表者の印鑑証明
  • 代表者の住民票
  • 法人登記簿謄本(履歴全部事項証明書)
  • 法人の印鑑証明
  • 決算内容確認書(確定申告2〜3期分)
  • 実印

開業後まもなく確定申告書を用意できない場合は、試算表で代用できる場合もあるので相談してみましょう。

以上はあくまで基本の必要書類なので、個人事業主はさらに追加書類を要求される可能性が高いです。

必要書類はケースバイケースなので、正確な必要書類についてはアクセルファクターに問い合わせて確認しましょう。

個人事業主のファクタリングならアクセルファクター!まずはWEBのお問い合わせフォームから送信

法人相手の売掛債権をもっていて、個人事業主だけどファクタリングで資金調達したいなら「アクセルファクター」がオススメです!

アクセルファクターは個人事業主のファクタリング実績が豊富で、債権譲渡登記も必須ではありません。

数十万円の小口売掛債権であっても積極的に買い取りをしてくれますし、審査も柔軟に対応しているため、審査通過率も90%以上と高くなっています。

(ただし、取引先が個人事業主の売掛金は買い取り不可)

まずは、アクセルファクター公式サイトのお問い合わせフォームから、申し込みをしましょう。

  • 希望調達額
  • 屋号名
  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

を入力して送信すればOK!

平日9:30〜19:00の営業時間内であれば、アクセルファクターのスタッフから折り返しの電話が入ります。

\ 無料で見積もり!公式サイトはこちら /