アクセルファクター

アクセルファクターの審査通過率は9割以上!個人事業主が審査に通る4つのコツ

アクセルファクターの審査

「ファクタリングで資金調達したい!でも審査に通るか心配」

アクセルファクターは、そんな個人事業主にもオススメなファクタリング会社です。

審査通過率が高く、個人事業主の買取実績も豊富なので、条件次第で審査を通過できる可能性がありますよ!

個人事業主がアクセルファクターで審査に通るための方法をまとめました。

アクセルファクターの審査通過率は9割以上!個人事業主の買取実績も豊富

公式サイトによると、アクセルファクターの審査通過率は9割以上(93%)となっています。

赤字経営・税金滞納・債務整理中でもOKとなっており、中小企業はもちろん、個人事業主の買取実績も豊富です。

条件次第で、個人事業主でも審査に通る可能性はあると言えるでしょう。

アクセルファクターの審査基準とは?

アクセルファクターの公式サイトでは、「審査では売掛先の信頼を重視する」と記載されています。

審査では、どういった点が見られるのでしょうか?

本当に売掛債権が存在すること

  • 架空の売掛債権ではないか?
  • 二重譲渡の可能性はないか?
  • 支払い期日は決まっているか?
  • 将来債権ではないか?

請求書など取引先と交わした書類、通帳の過去の取引履歴などから、本当に売掛債権が発生しているかを見られます。

取引先と書面を交わしていない場合、売掛債権の発生を証明するのが困難なため、審査落ちの可能性が高くなります。

買取後にきちんと売掛金を回収できること

  • 売掛先の事業規模や社会的信用
  • 売掛先の倒産リスク
  • 申込者と取引先の取引期間
  • 過去の支払い遅延の有無
  • 差し押さえの可能性はないか?
  • 申込者は信頼できる人物か?

未回収リスクが高くないかが見られます。

主に売掛先企業が審査されることになりますが、申込者がまったく審査されないわけではないので注意です。

売掛先が個人または個人事業主の場合は買取不可

アクセルファクターでは、売掛先が個人事業主の場合は、信頼性の問題から買取不可となっています。

個人事業主がアクセルファクターの審査に通過する4つのコツ

個人事業主がアクセルファクターの審査に通過するコツは以下の通りです。

担当者から提出を求められた書類以外でも、有利になりそうな資料があれば提出しておくといいです。

必要かどうかは担当者に判断してもらえますし、審査だけでなく手数料の面でも有利に働く可能性があります。

売掛金が偽物でない事を証明する

ファクタリングを実行できる最低限の条件が「売買可能な売掛債権を持っていること」です。

まずは、本当に売掛金が発生していること、売掛金が偽物でないことを証明しましょう。

  • 成因証明書(請求書など)
  • 取引を確認できる通帳
  • 基本契約書など、取引の継続性を確認できる書類
  • 取引を確認できる書類(発注書、契約書など)
  • 取引先とのやり取りのメールのキャプチャー

審査で必ず求められるのが請求書と通帳ですが、それ以外にも取引を確認できる材料を用意できると、信頼性が上がります。

未回収リスクの低い売掛債権で申し込む

公的機関や大企業と取引するのが難しい個人事業主でも、「売掛金がきちんと振り込まれそうだ」と判断してもらえれば、審査に通る可能性があります。

公的機関や上場企業が相手の売掛金がベストではありますが、そうでなくても審査に通る可能性のある売掛債権は下記の通りです。

継続して取引のある企業の売掛債権

個人事業主の場合、取引先との関係性が重要視されます。

「継続して取引があるかどうか?」という事です。

定期的に売掛債権が発生する取引先や、長年に渡って取引を続けている企業であれば、売掛金を回収できるだろうと判断してもらえる可能性があります。

「基本契約書」など継続して売掛金が発生している事を確認できる書類がある場合は、必ず提出するようにしましょう。信頼性が上がります。

逆に「単発の仕事、初めての取引先、取引を初めてまもない取引先」の場合は審査が厳しくなると考えられます。

過去に支払い遅延のない企業の売掛債権

過去に支払い遅延を起こす事なく、継続して取引を重ねてきた実績のある企業の売掛債権であれば、信頼してもらえる可能性があります。

逆に、支払い遅延を起こした事がある企業が相手の場合は、リスクがあると見なされてしまうでしょう。

経営状態のいい企業の売掛債権

売掛先に倒産のリスクが無いか?という点も審査で重要視されるポイントです。

大幅な赤字が続いていたり、すでに不渡を出しているような売掛先では審査落ちの可能性があります。

なるべく経営状態のいい企業の売掛債権を優先してファクタリングするようにしましょう。

売掛金の支払い日が近い売掛債権

個人事業主の場合、支払い日までの期間が長い契約になっている場合もあるのではないでしょうか。

支払日が遠いほど、現在の売掛先の経営状態が悪化してしまうリスクが高くなります。

支払い日の近い売掛債権の方が審査には通りやすくなります。

差し押さえの可能性が低い事を証明する

売掛金は差し押さえの対象となるため、税金や社会保険料を滞納している場合は未回収リスクになります。

税金滞納でも利用できるのがファクタリングの魅力ではありますが、税金をしっかり払っておく事で、申込者側の差し押さえのリスクは低い事を証明できます。

ファクタリング会社の信頼を得る

社会的信用の低い個人事業主だからこそ、ファクタリング会社の信頼を得る事も大切です。

  • 確定申告書を提出する
  • 青色申告決算書を提出する
  • 事業用のホームページURLを提出する
  • 資金調達の経緯や資金使途を明確に説明する
  • メールの文章を丁寧に書く
  • ヒアリングや面談で丁寧に対応する

事業をしっかり営んでおり、架空の債権や二重譲渡をするような人物ではないと判断してもらえるようにしましょう。

1社に絞らず、相見積もりを取ろう

ファクタリングで資金調達するなら、1社に絞らず、3社ほど相見積もりを取ることをオススメします。

相見積もりを取ることで、買取金額や手数料が妥当か判断できますし、より良い条件で買い取ってくれるファクタリング会社と取引する事ができます。

資金調達に時間がない時も、複数社に申し込んだ方が審査通過できる可能性が上がります。

関連記事
アクセルファクターと個人事業主
アクセルファクターで個人事業主が審査に通過するコツ!必要書類と手数料

「個人事業主だけど、ファクタリングで資金調達したい」とお考えですか? もしもあなたが、法人相手の売掛債権をもっているなら、ファクタリング会社は「アクセルファクター」がオススメです! アクセルファクター ...

続きを見る

-アクセルファクター