アクセルファクター

ファクタリング会社に相見積もりを取るコツ。何社がオススメ?見るポイントは?

ファクタリングで相見積もり

ファクタリングで資金調達を考えているなら、複数社に相見積もりを取るのがオススメです。

手間はかかりますがメリットも多く、好条件で売掛金を買い取ってもらう事ができます。

  • 急いで資金調達する必要がある
  • 手数料を安く抑えたい
  • 審査に通るか不安
  • 個人事業主

といった方には特にオススメです。

ファクタリング会社に相見積もりを取る方法とコツをまとめました。

ファクタリング会社に相見積もりを取る5つのメリット

ファクタリング会社に見積もりを取るメリットは以下の通りです。

審査を通過できる可能性が上がる

「ファクタリングを利用したいけれど、個人事業主だから審査に通るか心配」という方は多いのではないでしょうか。

ファクタリングは会社ごとに審査の基準が違うため、同じ条件でも審査に通る会社、通らない会社があります。

1社よりも3社に申し込んだ方が、審査に通る可能性が上がります。

また、審査通過率の高い会社を1社入れておく事で、全滅という残念な事態を避けることもできるでしょう。

手数料の安い会社と契約できる

ファクタリングは会社ごとに買取手数料の設定が異なり、買取条件によっても手数料が変わるため、審査を通して見積もりを取るまで買取金額や手数料が分かりません。

複数のファクタリング会社に申し込むことで、手数料の安いファクタリング会社と契約する事ができます。

また、事務手数料や出張交通費など追加手数料がかかる会社もあれば、事務手数料無料の会社もあります。

相見積もりを取ることで、交渉の材料にすることもできます。

緊急時、対応の早い会社と契約できる

審査のスピードや手間もファクタリング会社ごとに違いますし、同じ会社でも担当者や混み具合で対応スピードは変わります。

緊急時でも複数の会社に見積もりを取ることで、対応の早い会社と契約する事ができます。

悪徳業者を避ける

複数社の見積もりを比較することで、見積もりの内容は妥当か?不当に高額な手数料を請求されていないか?などを検討できます。

相見積もりを取ることは違法ではありませんし、サービスに自信のある会社は「ぜひ相見積もりを取って比べてください」と推奨してくれる所もあるほどです。

逆に相見積もりを嫌がる、焦って契約を迫るところは避けた方がいいでしょう。

スタッフ対応など見えない部分も確認できる

審査を進める上で、ヒアリングや書類の提出など、担当者とのやり取りが発生します。

担当者の対応や相性など、公式サイトからは見えない部分も確認する事ができます。

ファクタリング会社に相見積もりを取る手順

ファクタリングでは、申し込んだだけで見積もりが出る事はなく、審査を通って初めて買取金額と買取条件が提示されます。

ファクタリング会社に相見積もりを取る手順は以下の通りです。

  • 申し込むファクタリング会社を選定&申込み
  • 電話で10分程度のヒアリング(仮審査)
  • 必要書類を揃えて提出
  • 買取金額と買取条件の提示
  • 見積もり内容を精査して申込会社を決定

多くのファクタリング会社では、WEBから申込後、営業時間内であれば10分前後で担当者から折り返し電話が入り、ヒアリングとなります。

書類を提出すると審査が始まり、30分後〜翌日に買取金額と買取条件が提示されます。

相見積もりを取る時のポイント

ファクタリング会社に相見積もりを取る時のコツは下記の通りです。

相見積もりは3社程度がオススメ

ヒアリングに対応したり、審査に必要な書類を揃えたり、数が多すぎると対応が大変です。

3社程度が手間がかかりすぎず、見積もりも比較しやすくオススメです。

相見積もりを取っている事をファクタリング会社に伝える

相見積もりを取っている事は、ファクタリング会社に伝えておいた方がいいでしょう。

見積もりは口頭で伝えるのみか?メールで来るか?確認しておく

審査通過後、見積もりがどうやって伝えられるかは会社によって様々で、大きく分けると以下の3種類です。

  • 電話にて、口頭で伝えるのみ
  • メールのみ
  • 口頭&メール

メールで買取金額と買取条件を送ってくれる会社もありますが、買取金額と買取条件が口頭(電話)のみで伝えられ、契約を決めるまで紙面での見積もりは出ないという会社も少なくありません。

口頭のみで伝えられる場合は、メモの用意などしっかりしておきましょう。

ファクタリングの相見積もりで確認したいこと

ファクタリング会社の相見積もりが出たら、確認したい点は下記の通りです。

  • 買取金額
  • 掛け目
  • 手数料と内訳
  • 買取条件
  • 入金スピードと入金までの手順

掛け目

申込金額の何%を買い取ってくれるのか?という事です。

ファクタリングでは売掛金の100%を買い取ってもらえるわけではなく、リスクを考慮して7〜9割程度が買取対象になります。

初回は7割程度の会社が多いですが、8割、9割買い取ってくれる会社であれば受け取れる金額が多くなります。

手数料と内訳

「手数料」と言っても、買取手数料のみを指している場合と、その他手数料込みで伝えられる場合があります。

契約直前で「実は手数料が割高だった」と後悔しないよう、事務手数料など追加手数料がかかる可能性はないか?を確認しましょう。

また継続して利用する予定であれば、手数料にリピーター割引があるか?なども確認しておくと参考になります。

買取条件

買取条件も確認しておきましょう。

  • ノンリコース契約であること
  • 債権譲渡登記の有無
  • 面談は必要か?
  • 継続利用が必須になっていないか?

といった点を確認しておくといいでしょう。

入金スピードと入金までの手順

契約を決めたらいつまでに振り込んでもらえるのか?

また、入金までの手順なども確認しておくといいでしょう。

関連記事
アクセルファクターと個人事業主
アクセルファクターで個人事業主が審査に通過するコツ!必要書類と手数料

「個人事業主だけど、ファクタリングで資金調達したい」とお考えですか? もしもあなたが、法人相手の売掛債権をもっているなら、ファクタリング会社は「アクセルファクター」がオススメです! アクセルファクター ...

続きを見る

-アクセルファクター